SOS!岩⼿県で頼れる害獣駆除業者相談所 » 主な害獣の被害と駆除の方法

公開日:|更新日:

主な害獣の被害と駆除の方法

ここでは日本における代表的な害獣とそれぞれが人に与える被害について解説。また効果的な対策や駆除・捕獲方法についても紹介しています。

害獣がもたらす被害と
主な対策方法

ハクビシン

ハクビシンが屋根裏などに棲むと天井のシミや異臭などの糞尿被害をもたらします。また夜行性のため夜中の足音や鳴き声など騒音被害、保有する雑菌や害虫による健康被害を引き起こします。

鳥獣保護法の対象のため追い出しや侵入防止が基本的な対策で、ハクビシンが嫌うニオイやくん煙剤を設置して寄せ付けないようにします。

ネズミ

ネズミは衛生的な被害が非常に大きく、糞や寄生虫が感染症を拡大したり皮膚炎などを起こして健康被害ももたらします。また電線や電気機器をかじってショートさせ停電や火災の原因ともなります。

鳥獣保護法の対象外なので許可を得ることなく駆除が可能で粘着シートを設置して、毒エサなどと併用して対策するのが一般的です。

タヌキ

タヌキは普段は山里に生活していても食料を求めて出てきて農作物を食い荒らしたり、住宅に侵入して穀物が食べられることがあります。屋根裏などに棲み着くと、ため糞による糞尿被害を受けます。

鳥獣保護管理法により勝手な捕獲や駆除は許されておらず、忌避剤を使用したりLEDライトを照射するなどして追い出します。

イタチ

イタチは畑の農作物を荒らしたりニワトリを食べるなど経済的被害をもたらします。また家の天井裏などに棲み着くと走る音や尿による悪臭、断熱材などを食いちぎるなどの被害を受けます。

鳥獣保護管理法の対象なので捕獲や駆除は自治体などの許可が必要で、対策として忌避剤や木酢液、漂白剤などにより追い出す方法があります。

コウモリ

コウモリは天井裏に巣を作り夜間にバタバタと音を立てたり鳴くなどの騒音被害をもたらします。また外壁や天井の排泄物によるシミや異臭など糞尿被害だけでなく感染症を引き起こします。

鳥獣保護管理法により許可なく捕獲や駆除はできませんが、忌避スプレーやくん煙剤で追い出し、金網などで侵入経路を断つのが基本対策です。

ハト

ハトには農業被害と糞害などの生活環境被害があります。糞害は特に都会では深刻でハトが保有する病原体によりオウム病とクリプトコックス症といった感染症を引き起こします。

鳥獣保護管理法により守られているため勝手に駆除や捕獲はできず、対策は忌避剤やスパイク、バードネットなど寄り付かせなくする環境的防除が基本です。

シカ

樹木や畑・家庭菜園を荒らすことも多いシカ。もし樹木が被害にあった場合、枯れたり病気になったりする可能性もあります。シカが樹木や植物を食い荒らすと、雨の影響を受けやすくなり、最悪土砂崩れが発生します。

しかし、シカは鳥獣保護法の対象動物で、勝手に駆除・捕獲ができません。電気柵を設置する、光や音を使うなど、追い払う方法にも工夫を取り入れましょう。

アライグマ

アライグマの特徴はその繁殖力です。1歳時点で60%が、2歳時点でほぼすべての個体が繁殖。さらに1回の出産で3~5匹が生まれるので、放置しているとどんどん数が増えて手がつけられなくなります。わずかな隙間からでも入ってくるので、まずは侵入経路を塞ぐのが対策となるでしょう。

イノシシ

イノシシは、シカと並んで大きな農業被害をもたらす害獣です。高い学習能力と嗅覚を持っているので、エサがある場所を覚えられると厄介。そのため、なによりもまずエサとなるものの撤去が大切です。ほかには、隠れ場所の排除も有効でしょう。

スズメバチ

スズメバチによる被害は、時には人命が失われることもある重大なもの。被害を避けるためには、巣に近づかない、刺激しないことが大切です。また、ジュースなどの飲み残しを放置しているとそれに群がってくることもあるので注意しましょう。

サル

サルは手先が器用なうえ、知能も高い厄介な害獣です。さらに群れの規模も大きく、数十頭から数百頭に及ぶことも。その侵入を防ぐためには、エサを与えない、電気柵を設置するなどが有効です。また、近づいてきたときには人に慣れないように大人数で追い払いましょう。

クマ

日本に生息するクマはヒグマとツキノワグマの2種です。中でもヒグマは200kgを超える大型の個体も珍しくなく、ほかの害獣に比べて非常に危険な動物です。そのため、防護柵も基礎を打った頑強なものでなくてはいけません。個人での対策よりも専門の業者に対策を依頼したほうがいいでしょう。

シロアリ

シロアリは木材をの好むことから、家屋に大きな被害をもたらします。シロアリは人間の気持ちなど知りません。住人にとっては大切な家でも、シロアリにとっては「大好物」でしかありません。時には床が抜けたり、柱が傾く程に木材を食べてしまいます。

ゴキブリ

存在そのものに対して嫌悪感を抱いている人も多いゴキブリですが、「動く」という特性から、感染症や病原菌を運んでくるリスクもありますので、決して無視できる存在ではありません。

害獣駆除のプロ!
ペストコントロール協会に加盟している
岩⼿の害獣駆除業者を⽐較
家庭向けなら
三和薬肥
三和薬肥
             
企業向けなら
イカリ消毒盛岡
イカリ消毒盛岡
特徴
岩手で40年以上の実績を誇る害獣駆除専門業者。綿密な現地調査と適正な施工・管理が強みで、地元に支持されています。代表は岩手ペストコントロール協会で会長も務めています。
特徴
工場、倉庫、ビル、公共施設などにおいて、総合的有害生物管理の観点から害獣対策や駆除、予防管理を行う会社。海外にも拠点展開しており、衛生関連の商品開発も行っています。
特徴
ペストコントロール技能師
12
ペストコントロール技能師
1
ペストコントロール技能師
事例:あり
  • ハクビシン
    ハクビシン
  • ネズミ
    ネズミ
  • コウモリ
    コウモリ
  • ⿃類
    ⿃類

イカリ消毒の公式サイトには、岩手の事例が掲載されておりませんが、総合的有害生物管理(IPM)において、「有害生物管理」「微生物制御」「サニテーション」「環境改善工事」「オンライン監視」「外来種・有害鳥獣などの駆除」「殺菌・除菌・脱臭」「文化財保存」といった、幅広い領域に携わっています。

事例
選定基準:岩手県ペストコントロール協会に加盟している業者より、「ペストコントロール優良事業所」に認定されており、「ペストコントロール技能師」が所属している業者(2021年5月協会公式サイト確認時点)
害獣駆除のプロ!
ペストコントロール協会に加盟している
岩⼿の害獣駆除業者を⽐較
  • 家庭向けなら
    三和薬肥
    三和薬肥
  •                  
    企業向けなら
    イカリ消毒盛岡
    イカリ消毒盛岡
特徴
岩手で40年以上の実績を誇る害獣駆除専門業者。綿密な現地調査と適正な施工・管理が強みで、地元に支持されています。代表は岩手ペストコントロール協会で会長も務めています。
特徴
工場、倉庫、ビル、公共施設などにおいて、総合的有害生物管理の観点から害獣対策や駆除、予防管理を行う会社。海外にも拠点展開しており、衛生関連の商品開発も行っています。
特徴
ペストコントロール
技能師
12
ペスト
コントロール
技能師
1
ペストコントロール技能師
事例:あり
  • ハクビシン
    ハクビシン
  • ネズミ
    ネズミ
  • コウモリ
    コウモリ
  • ⿃類
    ⿃類
事例:
なし
事例
選定基準:岩手県ペストコントロール協会に加盟している業者より、「ペストコントロール優良事業所」に認定されており、「ペストコントロール技能師」が所属している業者(2021年5月協会公式サイト確認時点)
特徴
岩手で40年以上の実績を誇る害獣駆除専門業者。綿密な現地調査と適正な施工・管理が強みで、地元に支持されています。代表は岩手ペストコントロール協会で会長も務めています。
特徴
工場、倉庫、ビル、公共施設などにおいて、総合的有害生物管理の観点から害獣対策や駆除、予防管理を行う会社。海外にも拠点展開しており、衛生関連の商品開発も行っています。
特徴
ペスト
コントロール
技能師
12
ペストコントロール
技能師
1
ペストコントロール技能師
事例:
あり
  • ハクビシン
  • ネズミ
  • コウモリ
  • ⿃類

イカリ消毒の公式サイトには、岩手の事例が掲載されておりませんが、総合的有害生物管理(IPM)において、「有害生物管理」「微生物制御」「サニテーション」「環境改善工事」「オンライン監視」「外来種・有害鳥獣などの駆除」「殺菌・除菌・脱臭」「文化財保存」といった、幅広い領域に携わっています。

事例
選定基準:岩手県ペストコントロール協会に加盟している業者より、「ペストコントロール優良事業所」に認定されており、「ペストコントロール技能師」が所属している業者(2021年5月協会公式サイト確認時点)