SOS!岩⼿県で頼れる害獣駆除業者相談所 » 害獣駆除で知っておきたい基礎知識

公開日:|更新日:

害獣駆除で知っておきたい基礎知識

費用相場について

害獣駆除業者への依頼で気になるもののひとつが費用です。害獣を駆除するのにかかる費用は、それぞれの害獣によって異なります。

費用の算出方法は、ネズミやハクビシンなどは平方メートルなどの範囲で、コウモリやハトなどは駆除を行う箇所の数で計算します。

また、作業内容によっても金額が変わるため注意が必要です。害獣を追い出すほかにも「駆除した後の侵入口の遮断」「糞尿などの除去」「消臭」などさまざまあるため、見積りの段階でしっかり打ち合わせをしておきましょう。

申し込みから駆除までの流れ

害獣駆除業者へ依頼をした際の申し込みから駆除までの一般的な流れは以下の通りです。

現地調査から見積りの提出までは最短で当日、遅くても数日以内には完了します。見積りは15〜30日程度は有効なので、その期間に依頼するかどうかを決めましょう。

優良業者の選び方

害獣駆除業者を選ぶ際のポイントは「資格を持っているか」。害獣駆除だけでなく、住まいにある害獣の侵入口の特定や殺菌消毒など、再発させないための対策までをお任せすることを考えると、「ペストコントロール技術者」や「防除作業監督者」などの資格を保有しているスタッフが在籍している業者を選ぶのがおすすめです。

また、「現場を訪問して丁寧に調査を行ってから見積りを出す」「岩手県にいる害獣を熟知していて岩手県での事例が多い」と高い信頼性がうかがえます。公式サイトなどでよく確認してみましょう。

自治体(役所)が行っているサポート内容

農地などでハクビシンなどの捕獲を実施する場合、原則的には市町村から捕獲許可をもらう必要があります。狩猟免許や狩猟経験がある人、または損害賠償保険などがないと取得はできません。

ただし、駆除の方法や場所などが限定されている場合、農林業者自身の事業地内・または自宅の敷地内に小型のはこわなを使う場合、市町村等が取得した許可のわなの補助者として参加する場合は、狩猟免許は不要です。

捕獲に必要なはこわなは各自治体が貸し出してくれます。

害獣駆除を行政に任せることはできる?

害獣駆除は行政・市役所に任せることができるのかについてを調べてみました。市民生活で困ったことがあれば、行政が力になってくれるでしょう。

行政は様々な生活サポートを用意しているので、害獣被害・駆除に関しても何らかのサポートを行っているのではと期待できます。実際の所、害獣に対してどのような施策を打ち出しているのかを調べてみましたのでご覧ください。

害獣駆除に適用される保険はあるのか

「いざ」「もしも」の時のために加入しているのが保険です。害獣から、何らかの被害を受けたとなればまさに「いざ」「もしも」ですが、果たして害獣から被害を受けた際、適用される保険はあるのかについてを紹介します。

岩手県の市町村が取り組む害獣対策

岩手県の市町村ではさまざまな害獣対策に取り組んでいます。奥州市と宮古市では、鳥獣被害防止計画を策定し、被害額の軽減目標を定めて施策を講じています。一関市では、第一種銃猟免許や猟銃の所持許可を新規に取得する方に必要経費の一部を助成。盛岡市では、農作物の被害防止を目的に有害鳥獣の捕獲体制を整備しています。

害獣被害にあう原因とは

害獣被害にあうのは、人間の生活や自然環境が原因です。人里は簡単にエサが手に入る一方で、開拓が進んでいて天敵がいないため、害獣が近づきやすいのです。農地は水資源が豊富なので、害獣にとっても快適な場所になります。また、地球温暖化により降雪量が減少した結果、活動範囲が拡大していることも原因として考えられます。

害獣駆除の保証とは?

害獣駆除を依頼するときに大切なポイントのひとつは「保証」です。保証内容には、保証期間と保証範囲があります。施工後の再発の際、無償で再施工する内容が一般的ですが、中には費用が必要になったり、保証内容が限定的だったりするケースがあるため注意が必要です。書類を取り交わさずトラブルになることもあるため、書類で残しておきましょう。

害獣を駆除しても被害が減らないのはなぜ?

獣害が減らない原因としては、増殖率の高さ・自然死の減少・人の餌付けの3つが挙げられます。温暖化で冬を越せるようになり、野生動物は増える一方だといえます。また、放任果樹や作物残渣などで、人里へと降りてくる野生動物が増えているので、エサが手に入らない状況を作ることが重要です。作物は柵で囲い、柵の中で適切に作物残渣を処理するようにしましょう。

ペストコントロール従事者とは

ペストコントロール従事者とは、人間にとって有害な害獣や、害虫などの駆除や防除を行う職業のことです。さまざまな薬品と道具を使用して駆除・防除を実施し、必要に応じて効果判定も行います。他にも、現場の下見や見積もりの作成など、業務は多岐にわたります。ペストコントロールの対象となる害獣・害虫は、昆虫類から哺乳類まで幅広いですが、対応の可否は業者によって異なります。

家庭で害虫獣駆除に用いる薬剤について

家庭で害虫・害獣を駆除する際、殺虫剤を使用するのが一般的です。市販されている殺虫剤の多くは、害虫にとって有害なピレスロイドという成分を配合しています。しかし、人間にとってピレスロイドは安全性の高い成分とされており、万が一体内に入っても酵素によって分解されます。ただし、安全性の高い成分とはいっても過信し過ぎは禁物です。

害獣駆除後の清掃と消毒について

害獣は駆除したら終わり、ではありません。駆除した後は、速やかに清掃・消毒作業をする必要があります。もし害獣の糞尿を放置した場合、ダニやノミが発生したり、最悪天井が抜け落ちたりする危険も…。なお、清掃・消毒は個人ですることも可能ですが、状況次第では害獣駆除業者への相談をおすすめします。

IPM(総合的有害生物管理)とは?

1960年代にアメリカで発祥したIPM(総合的有害生物管理)。人と環境へのリスクを可能な限り抑えながら、有害生物を制御し、水準を維持する対策です。IPMで対策をするには、時間と手間、費用が掛かりますが、人間や環境を守りつつ、害獣を駆除するには効果的な方法です。

害獣駆除に適用される補助金制度とは?

害獣駆除には、自治体の補助金が適用されるケースがあります。補助金の内容や対象、金額は自治体によってさまざまですが、多くの場合、金額は購入費用の1/2が基準となるようです。野生動物の駆除には、報奨金が出る場合もあります。ただし、個人で捕獲するには、免許や捕獲の許可申請が必要です。

家に害獣の子供がいる時の正しい対処法とは?

家に害獣の子供がいるかどうかは、昼間に活動する気配がするか、鳴き声が聞こえるか、家の周りで日中にも目にする機会が出てきたかなどで判断できます。害獣を捕獲しようとしても、親だけを捕獲してしまうと子供がエサを得られずにそのまま死亡してしまう恐れがあります。また、燻煙材を使用する場合も子供が死亡することで腐敗し、悪臭や感染症などのリスクが生じる可能性があるため、独断で動かずに専門業者に依頼することをおすすめします。

蚊取り線香で害獣駆除はできるのか?

蚊取り線香に使用されている成分は哺乳類に対する効果がなく、害獣駆除をすることはできません。煙やニオイで退治できたとしても、長期間焚き続ける必要があるため火事のリスクが高まることから専門業者は推奨していません。また、哺乳類に効果がある線香も発売されていますが、刺激が強く屋内で使用できない、犬や猫などペットに影響が出る恐れがあるなど注意点があります。

害獣駆除に超音波の効果はあるのか?

害獣駆除に超音波を使用する方法は、一部の動物に効果を発揮しますが、全ての害獣を追い払うことはできません。悩みの種である害獣に超音波が効くのか、事前に調べておくことが大切です。また、超音波器は市販で購入することができ、設置方法も簡単です。安全に使用できることから、子供やペットでいる家庭の害獣駆除に向いていると言えます。

マンションでの害獣駆除について

マンションで害獣が発生する原因は、建物の劣化や気温の関係などさまざまです。害獣が発生してしまったら放置するのではなく、早急に対策することが大切です。しかし、多くの住民が居住し、賃貸であるが故に費用の負担や作業が大掛かりになるなど、さまざまな問題が発生します。害獣は繁殖するのが早いと言われているため、業者に依頼し、早めに駆除することをおすすめします。

害獣駆除は副業としてアリ?

害獣駆除を副業として行うことはできます。猟友会に所属して有害鳥獣駆除の依頼を受けるか、個人事業として直接請け負うことが一般的です。また、害獣駆除を行うには「狩猟免許」を取得しなければいけません。無免許で行えば懲役か罰金が課せられてしまいます。また、免許は使用する猟具によって4種類に分かれます。

ドローンを活用した害獣駆除について

害獣駆除にドローンを活用する方法があります。ドローン自体が害獣を攻撃するわけではないものの、害獣の行動を監視する、狩猟のサポートをするなど、大きな役割を果たしてくれます。また、少ない人数での対策が可能、危険区域や夜間の調査ができるなど、メリットも多いです。そのため、害獣駆除にドローンを取り入れる方法はおすすめだといえます。

レーザーポインターは害獣駆除に効果がある?

レーザーポインターの使用は害獣駆除に一定の効果があるとされています。特に視力がよい鳥類に効果を発揮するといわれていますが、ポイントを押さえなければ害獣に脅威を与えることができません。また、レーザーポインター以外にも、さまざまな方法を組み合わせることで、害獣駆除の効果が高まります。

スプレーは害獣駆除に効果がある?

害獣駆除の一種として、スプレーを活用する方法があります。昆虫類に対して直接吹きかけるタイプや、ネズミやイタチを追い出し、寄せ付けないためのスプレーなども販売されています。いずれもポイントを押さえながら使用することが大切で、ネズミ捕りや高周波音発生装置、超音波器など、他の方法を組み合わせるとより高い効果が期待できます。

害獣駆除に毒餌を使ってもいい?

害獣とされる動物のほとんどが鳥獣保護法の対象になっており、勝手に毒餌を使って駆除することはできません。保護対象の害獣を許可なく駆除した場合、違法行為として罰せられる恐れがあります。そのため、毒餌を使って駆除するのであれば、鳥獣保護法の対象になっていないかの確認が必要です。

害獣駆除の悪徳業者とは

害獣駆除業者のなかには悪徳業者も存在するため、依頼する業者は慎重に検討する必要があります。悪徳業者の被害にあわないようにするには、信頼できる業者かどうかを見極めるポイントを押さえておくことが大切です。

害獣駆除にバルサンを焚いてもいい?

害獣駆除にバルサンを焚くと違うトラブルリスクが高まるため注意が必要です。親が子供を壁の隙間に避難させて、救出できずに死んでしまい腐敗するケースがあります。またいったんは追い出せても戻ってくる可能性がある対策です。

ハクビシンの駆除はいつやるのがいいのか?

ハクビシンは冬眠しないため1年中行動します。また、繁殖期も1年中とされており、特に春に繁殖行動をして夏に出産というケースが多く見られます。とはいえ、他の季節も油断できません。そのため、ハクビシンの駆除は、痕跡や存在に気づいたら早めにしたほうがいいでしょう。

ハクビシンは人にうつす病気を持っている?

ハクビシンは人へ感染する恐れのある病気を複数持っています。体に潜むノミやダニは人だけではなくペットにも被害を与えます。その他にもSFTSや疥癬症、食中毒やカンピロバクターも厄介です。ハクビシンから病気が感染しないようにするには、近づかないことが大事です。

ハクビシンに天敵はいる?

ハクビシンの天敵は猛禽類、アライグマ、猫や犬、オオカミなどが挙げられます。ただ、対策としてペットとして飼いやすい猫や犬やフクロウは選択肢になりますが、他は現実的には難しいでしょう。その代わりに天敵の臭いを使った忌避剤の活用もおすすめです。

ハクビシンの足跡の見分け方は?

ハクビシンの足跡には「5本指」「指球や掌球に丸みがある」といった特徴があります。前足と後ろ足の大きさに差があり、家の壁や柱に爪跡をつけるのが特徴です。ハクビシンと足跡が似ている動物もいますが、特徴をとらえて足跡を見極めましょう。

ハクビシンの鳴き声の特徴とは?

ハクビシンの鳴き声は、声が高く長く鳴き続けるのが特徴です。喧嘩中の鳴き声やハクビシンの子ども鳴き声は特に大きく、騒音になることもあります。威嚇をするような鳴き声のときは、気性が荒くなっているので近づかないようにしましょう。

ネズミを家から追い出す方法はある?

原則として、自宅に住み着いたネズミを完全に追い出したいと思えた場合に、すぐに専門業者へ依頼することが大切です。しかし個人でもネズミ対策として色々な工夫を考えることはできます。

ネズミを自宅から追い出す方法について紹介します。

ネズミはどこから入ってくる?気を付けたい侵入口とは

住宅は経年劣化によって隙間やひび割れが発生することもあり、小さなスペースさえあれば侵入できるネズミにとって、家のあちこちに侵入口として利用できる場所があります。まずは侵入口になりやすい場所を知っておきましょう。

ネズミによる被害にはどのようなものがある?

咬まれたことによる感染症、天井裏のカサカサ音に対する不快感などのほかにも、ネズミは人間の体や人間生活に様々な被害をもたらします。ネズミ被害の拡大スピードは急速です。屋内にネズミの存在を感じたら速やかに対処しましょう。

ネズミのラットサインとは?

壁沿いに黒いこすり跡などがあれば、それはラットサイン(ネズミが通っている痕跡)かもしれません。ネズミが侵入しそうな隙間や穴を塞いだり、粘着トラップなどを設置したりなど、早急に対策を講じる必要があります。

ネズミのフンの見分け方は?

ネズミには大きく分けて3種類が存在し、それぞれでフンにも異なる特徴があります。ネズミのフンによく似た他の生き物のフンもありますから、よく確認しておきましょう。ネズミのフンの見分け方と処理方法を事前に確認しておきましょう。

ネズミ駆除業者の選び方は?

ネズミの駆除業者を選ぶ際には、ペストコントロール協会の会員であるかどうか、自社施工か、保証期間の設定はあるか…という点に着目しましょう。口コミ評価を調べる際は自社HPだけではなく、他の口コミサイトなどもチェックしてみてください。

タヌキの足跡かわからないときの見分け方

タヌキの足跡を見分けるには、足跡の特徴を覚えることが大切です。タヌキの足は指の数が4本で、3~4㎝程度の大きさをしており、爪跡が残るのが特徴です。その他の害獣と見分けられるように、形状を覚えておきましょう。

タヌキによる被害にはどのようなものがある?

タヌキによる被害には、家へのダメージによる家の強度の低下、騒音、農作物への影響などが考えられます。ストレスや騒音によって夜眠れなかったり、糞尿による悪臭による健康被害など、人体への影響もあるので対策が重要です。

関連記事一覧
害獣駆除のプロ!
ペストコントロール協会に加盟している
岩⼿の害獣駆除業者を⽐較
家庭向けなら
三和薬肥
三和薬肥
             
企業向けなら
イカリ消毒盛岡
イカリ消毒盛岡
特徴
岩手で40年以上の実績を誇る害獣駆除専門業者。綿密な現地調査と適正な施工・管理が強みで、地元に支持されています。代表は岩手ペストコントロール協会で会長も務めています。
特徴
工場、倉庫、ビル、公共施設などにおいて、総合的有害生物管理の観点から害獣対策や駆除、予防管理を行う会社。海外にも拠点展開しており、衛生関連の商品開発も行っています。
特徴
ペストコントロール技能師
12
ペストコントロール技能師
1
ペストコントロール技能師
事例:あり
  • ハクビシン
    ハクビシン
  • ネズミ
    ネズミ
  • コウモリ
    コウモリ
  • ⿃類
    ⿃類

イカリ消毒の公式サイトには、岩手の事例が掲載されておりませんが、総合的有害生物管理(IPM)において、「有害生物管理」「微生物制御」「サニテーション」「環境改善工事」「オンライン監視」「外来種・有害鳥獣などの駆除」「殺菌・除菌・脱臭」「文化財保存」といった、幅広い領域に携わっています。

事例
選定基準:岩手県ペストコントロール協会に加盟している業者より、「ペストコントロール優良事業所」に認定されており、「ペストコントロール技能師」が所属している業者(2021年5月協会公式サイト確認時点)
害獣駆除のプロ!
ペストコントロール協会に加盟している
岩⼿の害獣駆除業者を⽐較
  • 家庭向けなら
    三和薬肥
    三和薬肥
  •                  
    企業向けなら
    イカリ消毒盛岡
    イカリ消毒盛岡
特徴
岩手で40年以上の実績を誇る害獣駆除専門業者。綿密な現地調査と適正な施工・管理が強みで、地元に支持されています。代表は岩手ペストコントロール協会で会長も務めています。
特徴
工場、倉庫、ビル、公共施設などにおいて、総合的有害生物管理の観点から害獣対策や駆除、予防管理を行う会社。海外にも拠点展開しており、衛生関連の商品開発も行っています。
特徴
ペストコントロール
技能師
12
ペスト
コントロール
技能師
1
ペストコントロール技能師
事例:あり
  • ハクビシン
    ハクビシン
  • ネズミ
    ネズミ
  • コウモリ
    コウモリ
  • ⿃類
    ⿃類
事例:
なし
事例
選定基準:岩手県ペストコントロール協会に加盟している業者より、「ペストコントロール優良事業所」に認定されており、「ペストコントロール技能師」が所属している業者(2021年5月協会公式サイト確認時点)
特徴
岩手で40年以上の実績を誇る害獣駆除専門業者。綿密な現地調査と適正な施工・管理が強みで、地元に支持されています。代表は岩手ペストコントロール協会で会長も務めています。
特徴
工場、倉庫、ビル、公共施設などにおいて、総合的有害生物管理の観点から害獣対策や駆除、予防管理を行う会社。海外にも拠点展開しており、衛生関連の商品開発も行っています。
特徴
ペスト
コントロール
技能師
12
ペストコントロール
技能師
1
ペストコントロール技能師
事例:
あり
  • ハクビシン
  • ネズミ
  • コウモリ
  • ⿃類

イカリ消毒の公式サイトには、岩手の事例が掲載されておりませんが、総合的有害生物管理(IPM)において、「有害生物管理」「微生物制御」「サニテーション」「環境改善工事」「オンライン監視」「外来種・有害鳥獣などの駆除」「殺菌・除菌・脱臭」「文化財保存」といった、幅広い領域に携わっています。

事例
選定基準:岩手県ペストコントロール協会に加盟している業者より、「ペストコントロール優良事業所」に認定されており、「ペストコントロール技能師」が所属している業者(2021年5月協会公式サイト確認時点)